2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単パッチワーク・続きの続き

カットした布を土台布に安全ピンで留め付けたら、約1cm幅でステッチをします。
なるべく細かく、下まで糸が通るように刺します。
でもどちらかというと、細かく縫うのを重視するよりも目を揃えた方が綺麗っぽく見えます。
ステッチ入り

隣り合う布同士は1cmぐらい重ねます。
左の布に縦にステッチを入れたら右の布は横に…というように、隣り合う布のステッチは違う方向に入れていきます。

縫い付け

斜めもOKです。

そうそう土台となる布のことですが、写真のものは、車に(年がら年中)置いといたクッションです。ファスナーを開くと膝掛けになるアレですよ。わかるかな…? 正式名称なんて言うのだろう・・・。
薄い化繊綿が入っているので(裏布、キルト綿、トップ布と三層)、わざわざ打ち合わせをしなくて樂です。
他には、キルティングの肌掛けのようなものや、綿毛布、ベッドパット・・・そんなものがいいのかな~。
すっかり色褪せたり、擦り切れたりしたものが蘇ります。

布の配置は絵を描くようにポンポンと置いていっても良いだろうし、ランダムにあちこち置いていっても良いだろうし、それは好き好きで。
試しに布を配置したら、なるべく遠くから眺めて見ると感じがつかめますよ。
写真のものは膝掛けですけど、同じ方法でマットも作りました。
また同じような感じで、小さなポーチもできます。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ヽ(^◇^*)/ ワーイ

続き、楽しみにしていました~。
クレイジーキルトの簡単版って感じで、これなら私も出来そうな気がしてきた!(小物なら・・(^▽^;)
ぺこちゃんの作品はどれも優しい色合わせで大好きです。
古くなって擦り切れた布がまた新しい物に生まれ変われるって素敵~(*^o^*)

ろーず♪
こんなもんでも見てくれてありがとうo(*^▽^*)o~♪

クレイジーキルトならステッチに凝って模様がけをしていくのでちょっと面倒…ヾ(;´▽`A``アセアセ
これなら、もし色が気に食わなかったらどんどん重ねていけばいいし、それこそ適当なのですよ。
そして全面に細かくステッチが入っているので丈夫です。
小物はすぐできて面白いですよね。
大物は気長にやっていけばいつかはできるさ、って感じです。
私は何年越しのものもありますよ。゚。(*^▽^*)ゞ テヘヘッ

おぉ!

さすがに縫い目がきれいですね~。

私は大雑把な性格なんで、この縫い目をそろえる・・・ていうのが、苦手なんですね~_(^^;) あはは

でも、キルト作品はとっても好き。
温かみがあって、一針一針丁寧に縫い上げた、愛情を感じられます。

使えなくなったものに、もう一度命を吹き返すというのもとっても素敵ですね。

カモミールティーさん♪
縫い目がきれいなんてことは決してありませんよ。携帯が古いからそう見えるだけです。ヾ(;´▽`A``アセアセ
私貧乏性なんですね、きっと。
新しい布ももちろんありますが、どうしても古いものも再生したくなってしうんですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://peconocotton.blog16.fc2.com/tb.php/9-f5ef1206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ «  | BLOG TOP |  » 簡単パッチワーク・続き

癒しの音楽

プロフィール

ふぃりしあ

顔文字(*´∀`*)出るよ

BLOG PARTS

お疲れ様です

今日も良い日でありますように☆

何食べる?

クックパッド


おさんぽ手帖

グーバーウォーク

旬の花時計

栽培中


お天気

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おきにいり♪




みんなの趣味の園芸

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

月別(表示年指定)

にほんブログ村

PIYO

訪問ありがとう

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。